光透波とは何か

宇宙と光透波この三文字の組み合わせを最初に使った方は小田野早秧(おだの さなえ)という明治後期生まれの女性です。1953年この人が45歳の時のことでした。本人の言によれば、台所の天井の隅から突然光の文字がピカピカッと「光」、「透」、「波」と一つずつ現れては消えた。あまりに速いので「ヒカリ」などと言っている隙がなく、思わず「コ」と叫んだそうです。当然次は「ト」その次は「ハ」と読み、後で何度も「コトハ、コトハ」と繰り返されたそうです。それからこの啓示現象(それ以外に説明ができない神秘的な出来事なのでそう称します)を解明する為の一意専心、一心不乱の人生が始まりました。詳細については本に出ています。現在は「光透波理論」あるいは「命波理論」としてまとめられた4冊の本があり。読めばこの語が何を意味しているかが分かります。他にも本がありますが、この理論を学んでいる弟子たちが少し書いています。

ここでは少しだけご紹介します。「光」は太陽光のような可視光線ではなく目に見えない光を指します。なぜ目に見えないかというと波長が人間の目で見える範囲外にあるからです。それだから「透」、透き通っているとなります。「波」は振動のことです。宇宙が振動するエネルギーの極小の何か(光子、超ひもなどいろいろな説があります)で成り立っていることはもう分かっています。でも透明にも透明度が無限の階層であり、光には無数の種類があるのです。その中でも最高至高の光の波を「光透波」と名付けたのが小田野先生です。

しかし、何を意味するかは分からないままに今ではすっかり市民権を得ていてお店の屋号にまで使われています。たぶんとても魅力的な文字の組み合わせだからではないでしょうか。私たちはそれが何かは漠然としか分からなくとも魅力的なものには本能的に惹かれるものです。見るだけでワクワクする文字ではないですか?

これから少しずつお話しして行きます。至らない点も多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお付き合いください。

2016.1.25